野菜コーディネーター養成講座 

野菜嫌い克服を絵本でやってみる?

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

野菜嫌いは、子供のころの何気ない行動から起きる可能性があります。そこで、子供のころから野菜に興味や親近感をもってもらうことですこしでも野菜嫌いを直していきませんか。

 

赤ちゃんは当然、やさいなんかわかりません。お母さんが作ったものを食べている状態です。野菜の味がわからないうちに野菜に興味をもってもらうには絵本ならかなり効果があるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、そんな野菜に関する絵本を紹介します。少しでも野菜に興味がでれば、野菜嫌いもおこらないのではないでしょうか?

 

「やさいだいすき」

 

「だいこん いっぽん にんじん にほん・・・」おめめがついてにこにこ笑っている野菜達、そんな顔で見つめられたら思わずにこっ。
形や色を楽しんだり、数えてみたり。何だか野菜と友達になった気がしてくる可愛い1冊です。【2歳~】

 

「にんじん」


「にんじんすきなこ だあれ」の呼びかけに思わず「はーい!」と答えてしまう絵本。きりんさんも、うまさんもにんじん大好き。うさぎさんたちが「ぼくたちが一番大好き」と言っていると思わず僕だって・・・。【1歳~】

 

「やさいのおなか」


野菜に興味を持たせたかったら絶対これ!シルエットになっている野菜達の断面図のクイズは意外と難しくて、大人だって熱くなっちゃいます。小さな子が本物の野菜を見て、この絵本を思い出す瞬間の表情が楽しいのです。【2歳~】

 

「やさい」


何てみずみずしい野菜達!この絵本が面白いのは、畑から収穫する瞬間も描いているところ。土で育った、自分の手で収穫した・・・それだけで子ども達の野菜のイメージがぐんっと変わるのは確実なのです。それにしてもおいしそうなキャベツ・・・。【2歳~】

 

「そらまめくんのベッド」


そらまめくんの宝物はふわふわのベッド。だからだれにも貸してあげないのです。ところが、ベッドが突然なくなってしまっって・・・!?そらまめくんは必死の探すのですが、なかなか見つからないのです。【3歳~】

 

「サラダでげんき」


病気になったお母さんの為に、りっちゃんがサラダを作ってあげようと張り切っていると。次々と動物がやってきて美味しいサラダのアドバイス。出来上がったと思ったら最後にぞうさんが飛行機で・・・!?とにかくサラダが美味しそう!【3歳~】

 

「ぜったいたべないからね」

チャーリーには、ローラといういもうとがいます。
ときどきチャーリーは、ローラにばんごはんをたべさせなくてはなりません。
でも、これが、とってもたいへん。
ローラには、すききらいがおおいからです。
そこで、あるひ、チャーリーは、いいことをおもいつきました…。
イギリスの優れた絵本に贈られるケイト・グリーナウェイ賞を受賞した傑作「チャーリーとローラのおはなし」が、楽しいしかけえほんになりました。

 

まとめ

小さいお子さんにはいいかもしれませんがいまさら主人に絵本は無理だわ!でも、孫が出来たらプレゼントしてあげようと思います。最近、甥っ子や姪っ子に子供が生まれたからプレゼントしてあげよ。ではまたね。

彩子と主人が選んだベスト1グリーンスムージーです。

%e8%a9%b3%e7%b4%b001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ポイントを貯めてお買い物しましょう。

ページの先頭へ