野菜コーディネーター養成講座 

野菜は冷凍して保存する。これで長期保存が可能です。

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

今回のテーマは「野菜の冷凍保存」です。ほとんどの野菜は冷凍して、長期保存が出来ます。

 

料理に使うときもわざわざもどさなくててもそのまま使えるので便利です。

 

特にきのこ類は冷凍することによった何倍にもうまみが増すといわれています。

 

今回は、冷凍保存する野菜別の方法を紹介します。

 

野菜別冷凍保存

 

【トマト】
冷凍保存するときは、水洗いして水気をしっかりふき取り、丸ごとラップで包み、さらにビニール袋に入れて冷凍します。

 

 

【ブロッコリー】
小房に分けて硬めにゆでてから冷凍します。料理にちょっと彩りを添えたいときなどにも便利です。

 

 

【そら豆】
固めにゆでて、さやから出したものをビニール袋に入れて並べて、冷凍します。

 

 

【かぼちゃ】
冷凍保存するときは、カットしてから茹でて、よく冷ましてからくっつかないように少し離すか、または、粗く潰してから保存袋にいれて冷凍します。ペーストにしてから冷凍すれば、スープなどにすぐに使えます。

 

 

【さやえんどう】
固めにゆでてから冷凍します。

 

 

【アスパラガス】
買ってきたらすぐにさっとゆでて、調理しやすい形に気ってから冷凍します。

 

 

【まいたけなど】
かぶを崩して子分けにしてから冷凍します。

 

 

【にんじん】
調理しやすい形(スライスや細い棒状)に切って保存袋などに入れて冷凍しておきましょう。すりつぶしてペーストで冷凍すればカレーやシチューなどにそのまま使えます。にんじんが苦手な子供にわからないように料理の中に入れることが出来ます。

 

 

【ごぼう】
調理しやすい形に切って保存袋などに入れて冷凍しておきましょう。

 

 

【ピーマン】
半分にカットしてラップに並べて冷凍します。冷凍すると苦味が少なくなるそうです。

 

 

【たまねぎ】
調理の用途に応じてみじん切りやスライスしてから冷凍しておいても良いでしょう。飴色になるまで炒めた玉ねぎを、使う分ずつ小分けしてラップなどで空気に触れないよう包み冷凍しておくと、劣化もしにくいので、カレーやシチュー、オニオンスープなどすぐに使えて便利です。

 

 

【長ネギ】
みじん切りや小口切りにして冷凍しておけば、薬味などにすぐに使えて便利です。

 

 

【じゃがいも】
冷凍で長期保存したい場合は、一度電子レンジにかけるか、茹でるか蒸して完全に火を通し、それを潰してコロッケのタネの状態にして小分けし、冷凍しましょう。
冷凍した野菜は解凍せず、冷凍のまま加熱調理するのがおいしく食べるポイントです。

 

 

【レタス】
冷凍する場合は、洗って水気をよく切り、適当な大きさにちぎったものをポリ袋に入れ、保存します。冷凍したレタスは生食には向きませんが、炒め物やスープなどの加熱調理にはそのまま使え、便利です。

 

 

【ほうれん草】
長持ちさせるなら、かためにゆで、冷水に取ってから水気をよくしぼり、ラップに包んで冷凍しましょう。このとき1回分ずつの大きさにカットしてから包んでおくと、おひたしや汁の実など、ちょっと使いたいときには、凍ったまま調理できて便利。煮立ったところで直接入れて使うことができます。

 

 

【小松菜】
冷凍するなら、水洗いして水分をしっかりふき取り、食べやすい長さに切って保存袋に入れ、空気をしっかり抜いて冷蔵庫へ入れましょう。 解凍は保存袋のまま流水解凍し、加熱調理に使う場合は凍ったまま使用してください。

 

 

【まとめ】

まだまだ野菜はたくさんあるとおもいますが、今回紹介した野菜を使い切らずに捨ててしまわないように、冷凍保存することを活用するようにして無駄をなくしていきましょう。

 

冷凍庫が足りなければ家庭用の小型冷凍庫を手に入れるのもおススメです。

 

これがあればコストコで大量に購入しても冷凍保存できますからね。

 

【参考】
★楽天 冷凍庫特集★
☆「野菜氷」を作ってみる。☆

彩子と主人が選んだベスト1グリーンスムージーです。

%e8%a9%b3%e7%b4%b001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ポイントを貯めてお買い物しましょう。

ページの先頭へ