野菜コーディネーター養成講座 

子供の野菜嫌いを克服する、意外な方法とは?

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

野菜嫌いな子供は多いですよね。我が家の息子はトマトが嫌いだったけど、この方法で克服することができました。子供が嫌いな野菜でも、自ら食べてくれるようになる方法があるんです。

ではその意外な方法を紹介します。すでに実践されている方いると思いますが子供の野菜嫌いを克服するのに短気はだめですよ。その意外な方法とは「家庭菜園効果」です。

では「家庭菜園効果」とはどのようなことでしょう。簡単に見ていくことにしましょう。

野菜に興味を持ってもらうことで、子どもたちの野菜との付き合い方が大きく変わってくる!やはり興味を持ってもらうことが好きになる一番の方法ですね。興味を持つと、進んで食べてくれるようにもなります。

嫌いな野菜を、庭やベランダで育てる。子供が土や植物と触れ合うことで食育効果も期待できるし、水やり、収穫などの作業をすることで、楽しみながら野菜を育てれば野菜に対して愛着が湧いて少しくらい苦手でも食べてみようという気分になるでしょう。
畑仲間のお子さんは、食べられない野菜が多かったそうですが、家庭菜園の作業に加わったことで、野菜を食べられるようになったと言っていました。自分で育てた野菜には、大人同様、思い入れがあるのでしょうね。

一緒に育てた野菜なものだから、「お母さん、この人参おいしいね!」と言って嬉しそうに食べることもとても多いんです!保育園でも実際に近くの畑を借りて野菜を育てて、収穫した野菜はみんなで料理して食べるなんて行事も良くあることです。

野菜嫌いな、うちの子供達ですが、自分のまいた種が、成長した野菜は、興味があるのか、少しは食べてくれますね。

あれだけ嫌がっていたトマトをおいしいと言った。トマトの味はむしろ家庭菜園のものなので不味いはずなのに、彼にはそれがおいしく感じたのだ。

「家庭菜園効果」は嫌いな野菜を克服できるひとつの方法です。是非、一緒に野菜を育ててみませんか?
その逆で子供の野菜嫌いを克服で絶対やってはいけないことを紹介します。

子供の野菜嫌いを治そうとして、思わずやってしまう行動があります。今回はそんな絶対にやってはいけないことについてです。思い当たることがあれば是非直していきましょう。
「子供に野菜を食べさせたいばかりに、無理やり口に詰め込んだり、怒ることで強制的に食べさせる。」

このやり方を続けてしまうと、野菜を食べることに対してトラウマを持つようになってしまい、野菜を見るだけで嫌悪してしまうこともあります。今の大人で野菜嫌いは過去に給食を残さず食べさせよう先生たちが良かろうと思って行った結果、逆効果で野菜嫌いのトラウマが生まれたとの話もあります。
「食べてくれるように懇願したり、甘い言葉で釣るなど、子供にプレッシャーがかかる方法は取らない。」

やさしい言葉をかれられても食べれないものは食べれません。お母さん思いの子供は変にプレッシャーが係り、ストレスの原因になるかも知れませんのやめるようにしましょう。

極端なアメとムチは両方とも野菜嫌いを克服する方法にはなりませんので、注意が必要です。子供の野菜嫌いを克服で絶対やってはいけないことでした。心当たりがある方は今すぐ直しましょうね。

彩子と主人が選んだベスト1グリーンスムージーです。

%e8%a9%b3%e7%b4%b001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ポイントを貯めてお買い物しましょう。

ページの先頭へ