野菜コーディネーター養成講座 

家庭でできる食中毒予防の6つのポイントとは?

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」が厚生労働省から出ています。梅雨のど真ん中なので食中毒の予防について情報の共有をしたいと思っています。ではどうぞ!

なぜ、今回食中毒の話をしているかと言いますと、以前、私が他の病気で入院していた時、私のベットの横に食中毒の患者さんが入ってきたんです。

その患者さんの苦しい感じが目に焼きついていたので食中毒にならないようにしようと思ったんですね。

その患者さんは、5日間点滴のみで一切の食事が出来ませんでした。見る見る痩せていくのがわかりましたね。3日目以降はある程度元気なんですが、食事が食べれないんですね。これは見ていて結構辛そうでした。

先生に食べて言いか?と聞いたら、「入院が一週間延びてもいいなら食べていいですよ。」「この病院に来たときの状態に戻りますけどそれでいいですか?」と脅しているかのような会話でしたけど、患者さんのために言っているのが良くわかりました。早く直してほしかったんでしょうね。

こんな経験が会ったから今回は食中毒についての情報をお伝えします。

「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」

ポイント 1  食品の購入
ポイント 2  家庭での保存
ポイント 3  下準備
ポイント 4  調理
ポイント 5  食事
ポイント 6  残った食品

あなたの食事作りをチェックしてみましょう!
ポイント 1  食品の購入
■ 肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮な物を購入しましょう。
ポイント 2  家庭での保存
■ 冷蔵や冷凍の必要な食品は、持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
ポイント 3  下準備
■ 生の肉や魚を切った後、洗わずにその包丁やまな板で、果物や野菜など生で食べる食品や調理の終わった食品を切ることはやめましょう。
洗ってから熱湯をかけたのち使うことが大切です。包丁やまな板は、肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて、使い分けるとさらに安全です。

ポイント 4  調理
■ 加熱して調理する食品は十分に加熱しましょう。
加熱を十分に行うことで、もし、食中毒菌がいたとしても殺すことができます。めやすは、中心部の温度が75度Cで1分間以上加熱することです。

ポイント 5  食事
■ 清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器に盛りつけましょう。

ポイント 6  残った食品
■ ちょっとでも怪しいと思ったら、食べずに捨てましょう。口に入れるのは、やめましょう。
今回は各ポイントで重要だと思ったことを抜き取りました。もっと詳しく知りたい方は 厚生労働省 で確認してみてください。

食中毒予防の三原則は、食中毒菌を「付けない、増やさない、殺す」です。ポイントはこれに基づいてのもです。食中毒には気をつけましょうね。

彩子と主人が選んだベスト1グリーンスムージーです。

%e8%a9%b3%e7%b4%b001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ポイントを貯めてお買い物しましょう。

ページの先頭へ