野菜不足は温野菜でとってみる?生野菜が嫌いでも温野菜なら食べれる!

目安時間:約 8分

生野菜が嫌いでも温野菜は食べることが出来る方がいると思います。今回は温野菜で野菜不足解消しましょう。

 

ところで、『温野菜』は知っていますよね。

 

「しゃぶしゃぶ 温野菜」と言うお店もありますね。このお店に行って、温野菜をたくさん食べることも良いですね。このお店は食べ放題ですからね。もし近くにあったらぜひ言ってみてください。

 

温野菜とは
温野菜(おんやさい)とは、野菜を加熱して食べる調理法、または加熱調理された野菜の総称である。 対義語は生野菜。

 

温野菜がどんなものかわかりましたね。

 

ではどうして温野菜が良いのか見てみることにしましょう。

 

食べ易さ

加熱することで食べやすくなる野菜が多くあります。

 

その代表的な野菜が、ニンジンです。その他にもジャガイモやタマネギ等の根菜類では、熱を加えることで渋みが薄らいで甘味が増したり味がまろやかになるものが多いです。

 

また葉野菜でも、ブロッコリーのような種類のものは茹でないと固すぎたり渋みが強く食べることがいやになってしまいます。

でも茹でる事で柔らかく食べる事ができます。

 

他にも、ピーマンは他の食材と炒めることで青臭さが和らいで味が引き立ち、モヤシは他の食材から出た汁を吸って旨みを増し、キノコは香りが引き立つ、など、加熱による効果があります。

 

生の野菜は渋み・青臭さなどの、子供が野菜嫌いとなる要素が強いです。でも温野菜ならそれらが和らぐため、生野菜のサラダは食べないが、温野菜なら喜んで食べる子供も多いといわれています。

 

また生野菜は消化にある程度の負担がかかるが、温野菜では胃腸に負担をかけないことから、病院食や療養食にもしばしば見られるメニューとなっています。

 

近年では育ち盛りでジャンクフードが周囲に溢れていることから栄養のバランスが難しい現代っ子に、大量に野菜を取らせるためにも、温野菜は向いていると見なされています。

 

温野菜の食べ方

ここでは温野菜としてよく見られる食べ方を紹介します。

 

・キャベツ
ザク切りにして、鍋で沸かした湯に通して柔らかくする。
湯に通して葉がやや半透明になったところでザルにあけ、湯を切る。
そのままドレッシングやマヨネーズなどをまぶして食べてもいいし、とんかつのような他の料理の盛り合わせに使ってもいい。
冷めた後でインスタントラーメンの具に加える人もいる。
・ジャガイモ
蒸かしたり、茹でたり、またはよく洗った後にバターを乗せ食品用ラップフィルムに包んで電子レンジで加熱調理する。
フライドポテトは少々意味が違ってくるが、やはりジャガイモを加熱して食べる料理である。
ブイヨンスープで弱火で煮込んでもよい。加熱調理後は熱いうちにバターや塩を振って豪快に齧りついたり、醤油を垂らしても美味しく食べられる。
・葉野菜
主に茹でる調理が多いが、緑色の濃い葉野菜は、湯に塩を少々加えて茹でると、色がきれいなまま茹でられる。
これは葉緑素分子構造中のマグネシウムが加熱調理によってずれたあとに、食塩のナトリウムイオンに部分的に置き換わるためだとされる。
緑色が目に映えるホウレンソウやコマツナ・ブロッコリー等を茹でる際には、湯に塩を一つまみ入れたほうがいいだろう。
・ニンジン
弱火でバターなどでゆっくり炒めると、甘く柔らかくなる。
煮物料理にも向く。手早く調理したいときは、薄くスライスするとよい。

 

 

・タマネギ・ネギ・ニンニク
これらは生食すると辛いが、加熱調理すると甘くなる。
民間療法でネギの薬効とも言われ、ビタミンB1吸収を助け、殺菌効果のあるアリシンは高温に弱いので、加熱しすぎは好ましくない。
ただしニンニクだけは比較的加熱調理に強いとされる。
タマネギやネギは炒めたり焼いたり、あるいは衣を付けて揚げる天ぷらやフライにすると、甘い風味が楽しめるが、煮込み料理でもやはり風味が楽しめる。
ニンニクは他の料理の調味料的に用いられるが、アルミホイルに包んで蒸し焼きにしたり、多めの油で空揚げにしたりする食べ方が知られている。
なお生食するとこれらの野菜は刺激が強すぎて、胃潰瘍のある人は悪化する危険性もある。タマネギなどは半透明になるくらいに、ニンニクは鼻につんと来る匂いが和らいで中まで火が通った状態にしてから食べることが奨められる。
・トマト
日本では一般にトマトというと生食用のもの(サラダなどに使われる)が一般的であるが、その生食用トマトでも内部の水っぽい部分を取り除いた肉質の部分を使った料理も可能である。
またイタリア料理では加熱調理したトマトが多用されるが、特にこれは加熱調理に向いた品種が利用される。
焼きトマトと呼ばれる味付けし炒め焼くレシピもよく知られている

 

まだまだ、たくさんありますが、私が良くやるのが野菜を蒸す事です。ここで簡単な蒸し野菜のレシピを紹介します。

 

 

レンジで簡単蒸し野菜!

img_711

 

材料(3~4人分)

  • ブロッコリー1/2株
  • カリフラワー1/4個
  • にんじん1/3本
  • パプリカ1/2個
  • アスパラガス2本
  • エバラしゃぶしゃぶごまだれ適量

 

 

 

レンジで蒸し野菜の作り方

  1. ブロッコリーとカリフラワーは小房に分け、にんじんはスティック状に、パプリカは縦薄切りに、アスパラガス枝元を切ってはかまを取り除き4等分の長さに切ります。
  2. 耐熱皿に①をのせ、水(大さじ1)をふってふんわりラップをかけ、電子レンジで加熱して、(600W約5~6分)出来上がりです。「しゃぶしゃぶごまだれ」につけてお召し上がりください。

 

とにかくレンジでチン!が一番簡単です。好きな野菜と嫌いな野菜を混ぜてみてはどうですか?

 

今回は、「野菜不足は温野菜でとってみる?生野菜が嫌いでも温野菜なら食べれる!」についてでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
 
ミネラル酵素グリーンスムージー

有名ダイエット・健康ランキングで1位獲得多数! 今話題のミネラル酵素グリーンスムージーは人気ナンバー1です。 約200種類の栄養素をコップ一杯に凝縮!酵素のパワーで体の内側からリフレッシュ。多忙なモデルや芸能人の方々も愛用中な理由は・・・毎朝簡単!水やミルクを加えて混ぜるだけ♪ ご購入者全員にシェイカーをプレゼント!

価 格 内容量 原材料 1食あたりカロリー
2458円+税 200g(33回分) 200種類 22.86kcal
スムージーが初めてで、あまりお金をかけたくない!でもいい加減なスムージーは飲みたくない。そんな要望にこたえることが出来るコストパフォーマンスが高いベストスムージーが『ミネラル酵素グリーンスムージー』です。楽天でも1位をとるほど人気があるグリーンスムージーです。味についても、マンゴー、バナナ、はちみつレモン味、ベリー味、アセロラ味と色々の味があるのも人気の1つです。あなたのすきな味を探してみてください。価格もグリーンスムージー粉末の中でも高くはなく、お得な定期コースも充実しているので初めてグリーンスムージーをはじめるにはおすすめです。定期コースを選べば、安く購入することも出来ます。。
グリーンベリースムージーダイエット~160酵素MIX~

話題の『グリーンベリースムージーダイエット』です。『グリーンベリースムージーダイエット』は女性の間で話題の『グリーンスムージー』をミキサー無しで実践できるダイエットスムージーです。サプリやドリンクに比べ腹持ちがいいのが一番の特徴です。男性でも、ダイエット効果はあります。

 
価 格 内容量 原材料 1食あたりカロリー
2700円+税 300g(15回分) 160種類 78kcal
グリーンベリースムージーが選ばれている4つの理由 1.高級なミキサーも野菜や果物も一切必要なし!簡単手間なし10秒で完成!必要なのは水とシェーカーだけです。 2.ローカロリーだから間食やデザートに食べても安心!1食あたり78キロカロリー 3.コップ一杯でバケツ一杯分の充実野菜!!146種類の野菜エキス、24種類の果物エキス、11種類のビタミン、9種類のミネラル 4.野菜、果物、穀物、豆類、海藻など160種類から酵素を抽出!グリーンベリースムージーは栄養たっぷりの酵素ドリンクと腹持ちの良いダイエットシェイクの二つの特徴を合わせ持ったスムージーです。
お寝坊女子のめざましスムージー

人気のスーパーフード、チアシードと朝が苦手な女子に嬉しいブドウ糖を多く配合した「朝専用」のスムージー。 各種メディアで朝が苦手な女子の為の「新しい朝ごはん」としても紹介されました!

価 格 内容量 原材料 1食あたりカロリー
1,980円 150g(30日分) 種類 19kcal
人気のスーパーフード、チアシードと朝が苦手な女子に嬉しいブドウ糖を多く配合した「朝専用」のスムージー。 各種メディアで朝が苦手な女子の為の「新しい朝ごはん」としても紹介されました! 1杯約19キロカロリー(※1日1回5g利用の場合)と置き換えダイエットにも最適な商品です。
セブンデイズカラースムージー
彩子が選ぶ総合トップのスムージー
%e8%a9%b3%e7%b4%b001
食物繊維が足りないあなたに
野菜嫌いです!でも食物繊維を摂りたい!
食物繊維が足りないあなたに【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】
ダイエットスムージーNo.1
カテゴリー
やわたの国産グルコサミン
国産グルコサミン
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
応援お願いします。
楽天
SEOパーツ
  • SEOブログパーツ

ページの先頭へ